医師紹介

医師紹介

  • 常勤医師

    ■院長  安岡 一夫
    ■副院長 安岡 恵子

  • 非常勤医師

    ■高知大学附属病院眼科 派遣医2名

院長:安岡 一夫

  • ・慈恵大学医学部卒
    ・担当
    白内障
    網膜・硝子体
    緑内障

    平成17年より初代院長 安岡 敏夫に替わり院長に就任しました。
    地域医療への貢献を目標にかかげ、日々診療を行っております。
    今後も高知県の眼科中核病院としての役割が担える様に最新機械の導入なども含め、設備をより充実させていきたいと考えております。

副院長:安岡 恵子

  • ・高知大学医学部卒
    ・担当
    角膜移植、緑内障
    近視矯正手術
    眼瞼下垂、小児眼科

    ・その他
    日本眼科学会 眼科専門医
    日本屈折矯正学会 会員
    日本緑内障学会 会員
    日本眼形成再建外科学会 会員
    AAO(米国眼科アカデミー) 会員
    日本コンタクトレンズ学会会員
    2013年イリノイ大学(シカゴ)短期留学
    ビジターフェロー認定取得

女性医師ならではの親しみやすく分かりやすい説明を心がけ、患者様にとって役立つ眼科医を目指しています。
知識や医療技術の獲得にも努力邁進し、眼科医としての使命を果たしたいと願っております。

学会講演活動等

2018年6月 2018WOC  バルセロナ
「Frontalis Suspension for Blepharoptosis Using an Inverted Y-shaped Expanded Polytetrafluoroethylene (e-PTFE) Sheet」
Keiko Yasuoka
2017年6月 第228回高知大学眼科研究会 特別講演
「当院での眼形成再建外科手術」
安岡恵子
2016年11月 第226回高知大学眼科研究会
「安岡眼科における15年間のエキシマーレーザーを用いた治療的角膜切除成績」
安岡恵子
安岡一夫
2016年1月 第39回日本眼科手術学会総会(福岡)
「人工硬膜を使用した前頭筋吊り上げ術症例」
安岡恵子
2014年10月 高知大学眼科研究会
「当院の前頭筋吊り上げ術 14症例検討」
安岡恵子
2014年6月 薬剤師 研修会
講演「眼科治療の最新情報」
安岡恵子
2013年12月 高知大学眼科研究会
「イリノイ大学留学とニューオーリンズ国際眼科学会報告」
安岡恵子
2013年10月~11月 米国 イリノイ大学
角膜移植免疫研修の為、短期留学
安岡恵子
2013年6月 高知大学眼科研究会
「人工硬膜を使用した前頭筋吊り上げ術を施行した眼瞼下垂症例」
安岡恵子
2012年10月 第66回 日本臨床眼科学会(京都)
「Radial Keratotomy後のLVC治療症例」
安岡恵子
2012年1月 第35回 日本眼科手術学会(名古屋)
「LASIKの合併症」
安岡恵子
2011年 第205回 高知大学眼科研究会
「LASIK後の白内障手術におけるOKULIX®<眼内レンズ度数計算ソフト>の使用経験」
安岡恵子
2010年 高知県女医会 夏の講演会
「眼科レーザー治療最前線 ~眼瞼下垂から近視治療まで~ 」
安岡恵子
2010年 高知大学眼科研究会
「当院におけるDSAEK(角膜内皮移植術)治療成績」
安岡恵子
安岡一夫
2009年 高知大学 医学部 眼科研究会
「当院におけるCO2レーザー使用経験」
安岡恵子
2008年 高知大学 眼科研究会
「安岡眼科における炭酸ガスレーザーの使用経験~眼瞼下垂・眼瞼皮膚弛緩症・眼瞼部腫瘍(ビデオ供覧)~」
安岡恵子
安岡一夫
2007年 第61回 日本臨床眼科学会(京都)
「血清IgE値とLASIK合併症の関連について」
安岡恵子
2007年 第46回 白内障 第22回日本眼内レンズ屈折矯正学会 (松山)
「LASIK術後の角膜拡張に対する薬物治療の一症例」
安岡恵子
2005年 第44回 白内障 第20回日本眼内レンズ屈折矯正学会 (京都)
「高度乱視眼LASIKにおける異なる照射方法の治験例」
安岡恵子
2004年 第101回中国四国眼科学会 (高知)
「老視年令者における屈折矯正手術」
安岡恵子
2004年 第43回 白内障 第19回日本眼内レンズ屈折矯正学会 (福岡)
「Biopticsによる屈折矯正治療症例」
安岡恵子
2003年 第42回 白内障 第18回日本眼内レンズ屈折矯正学会
「当院における眼内レンズ挿入眼に対するPARK症例」
安岡恵子
2003年 高知大学 医学研究会
「クロスシリンダー法 LASIK」
安岡恵子
2002年 第41回 白内障 第17回日本眼内レンズ屈折矯正学会 (東京)
「LASIK術後に喘息治療薬が再近視化に関与した一例」
安岡恵子